1 代表校による成果発表     ▼写真集へ      

成果発表会は、
平成16年11月27日(土曜日)に二本松市民会館で行いました。
プログラムの内容として、
1 安達郡内代表校3校による成果発表
2 二本松市・安達郡婦人団体連合会による
  オラトリオ「あだち野の水のものがたり」の発表
3 優秀作の環境作文(3名)の発表 
4 環境宣言
の構成で行いました。
当日会場には、小学生約900名・婦人会を含めた一般の方300名の
1200名の方々がご覧になりました。

ここでは、その時の状況をご覧いただけます。
この取り組みは、新聞にも報道され、環境に対する関心の高さをうかがえました。
また、市民会館わきの体育館では、各小学校による水生生物調査のパネル展示会も行われ、大勢の人が見学に訪れました。

トップページヘもどる

また、小学生の調査報告内容は、よくまとめられており、手書きで作成した学校、パソコンを利用し仕上げた学校、現物展示をした学校など、それぞれ個性的な調査報告(パネル展示)が出来上がりました。
このページは、そのときの内容を一部掲載しております

展示会写真集へ

成果発表会のようす

代表校による成果発表は、
@二本松市立安達太良小学校
A東和町立針道小学校
B岩代町立小浜小学校
の3校により行われました。詳しい内容については、各校へお問い合わせ願います。

@安達太良小学校(二本松市)の取組の概要

安達太良小学校では、地区内の岳温泉に流れる「夏無川」と「鏡が池」の水質調査と浄化作戦を行ったことについてパソコンスライドを使い報告しました。
特に鏡が池の調査では、近年における水質の汚れを浄化することが出来ないかとの問題意識の中で、池の中に「活性炭」を沈め、「EM活性液」を流すことにより水質が浄化されたと報告を受けました。

A針道小学校(東和町)の取組の概要

針道小学校では、地区内の「針道川」を中心とした水質調査と浄化作戦を行ったことについてパソコンスライドを利用し報告しました。
「EM活性液」を活用し、身近なところの学校のトイレや水のみ場、家庭の台所からから水をきれいにしていく取組が報告されました。また、実際川に入ることで分かった、川の汚れぐあいなど、細かく報告され、水の大切さを訴えていました。

B小浜小学校(岩代町)の取組の概要

小浜小学校では、地区内の「小浜川」を中心とした水質調査と浄化作戦を行ったことについて、NHKスタジオを利用したビデオでの報告をしました。
小浜川の調査状況や川の建設にかかわるいろいろな方々からお話を聞く真剣な姿が会場内に放映されました。水をきれいにするための苦労や微生物の活用方法など丁寧に見た目に分かりやすくまとめられていました。

2 婦人会による発表
  オラトリオ「あだち野の水のものがたり」     
    

二本松市・安達郡の婦人団体連合会の協力を得て、オラトリオ「安達野の水のものがたり」(約40分)を上演いたしました。
オラトリオとは、長い物語を劇風にし合唱や楽器を用いた作品で、総勢60人で上演しました。

地球の水の大切さや、私たちの住む安達地方の水に関わるものがたりを、分かりやすく歌や道具を利用して聞かせてくださいました。

3 環境に対する作文の発表

小学生のみなさん(自由参加)に平成16年の夏休みを利用して、水の環境を中心とした作文を応募してもらいました。
作品は、総計17点の応募のなかで、
最優秀賞、村松巧雅さん(東和町・木幡二小・4年)
優秀賞、三瓶萌(めばえ)さん(二本松市・安達太良小・6年)
優秀賞、遠藤太平さん(大玉村・玉井小・5年)
が受賞され、当日会場で作文を発表しました。
作文は、別に記載していますのでご覧ください。

4 環境宣言                    ▲環境宣言へ

参加した安達地方の小学生と婦人会の方々との協力を得て環境宣言を全員で発表しました。

5 パネル展示会               ▲写真集へ