調査研究発表会のようす

二本松市民会館で行った研究成果発表会の様子です。写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

▲展示会トップへもどる

ポスターセッション展示会のようすです。安達地方の他の学校の人たちのできぐあいは、どうでしたか?
また、自分の調査した所の川とどのように違ったでしょうか?
調査研究成果発表会には、安達地方の小学生約900人と婦人会を含むおとなの方々が約300人の合計1200人もの人々が二本松市民会館に訪れました。
前田会長(白沢村・教育委員会教育長)のあいさつ。
水環境の大切さ訴えるとともに、今までのこの調査に対する苦労をねぎらいました。
岩代町立小浜小学校の発表。
NHKの放送局スタジオを借りて、自分たちでオリジナルビデオを作製してきました。
水質調査や、下水処理場に行って来た感想が良くまとめられていました。
東和町立針道小学校の発表風景です。
針道小学校では、学校の近くを流れる針道川中心に、パソコンで作成したスライドを使って、一人ひとりが暗記して発表に望みました。
針道小学校発表後、発表者全員がそろってあいさつしました。
実に堂々とした発表でした。
おつかれさま!
二本松市立安達太良小学校の発表です。
安達太良小学校では、学校近くの温泉街にある鏡が池の浄化計画について、パソコンスライドを使用し発表しました。
安達太良小学校は、司会者との質問回答形式で工夫した発表方法でした。
活動を通して分かったことや、今後の問題点、地域に住む人たちの昔からの取組など事細かに調査した内容を発表しました。
二本松市と安達郡の婦人会の方々総勢60人で、オラトリオ「あだち野の水のものがたり」を実演し、水の大切さを訴えるとともに、安達地方の昔から伝わる水に関する物語を発表し、会場から大きな拍手を受けていました。
水などの環境問題を題材にした、作文が募集され、優秀賞に輝いた3人のお友達の様子です。
作文は、別のページに掲載してありますのでそちらをご覧ください。

▲ 作文のページへ
作文最優秀賞の東和町立木幡第二小学校四年・村松巧雅君の表彰授与風景。

▲ 作文のページへ
安達地方の校長先生を代表して、本宮小学校の穂積校長先生が、「まとめのことば」を行いました。
これからも、成果発表のすばらしさと安達地方の水環境を守っていきましょうとの言葉でした。
作文を発表したお友達と婦人会の代表の方とでを中心に、環境宣言が採択されました。
これからも、安達地方から環境を良くしていく努力をしていきましょう。


環境宣言へ
代表者による環境宣言発表の後、会場のみなさんと内容の復唱を行いました。
みんなで元気よく宣言ができました。
お疲れさまでした。

展示会トップへもどる