平成15年度アンケートの結果 (小学生4年〜6年生)

アンケートの質問内容は、質問番号をクリックすればご覧いただけます。



○回答した学年と回答者数                       ▼アンケートグラフへ
                                 ▼平成14年度との対比グラフへ

(7市町村合計)
質問番号 回答番号 4年 5年 6年 合計

1

83 37 10 130
グラフ1へ 360 269 292 921
404 587 619 1610
222 189 189 600
2 277 263 265 805
グラフ2へ 613 696 770 2079
178 124 76 378
3 205 160 168 533
グラフ3へ 606 675 734 2015
256 250 209 715
4 357 435 531 1323
グラフ4へ 447 508 500 1455
265 141 80 486
5 218 189 117 524
グラフ5へ 628 661 694 1983
222 233 301 756
6 217 167 221 605
グラフ6へ 538 598 589 1725
313 320 302 935
7 215 148 123 486
グラフ7へ 718 790 829 2337
125 145 159 429
8 191 161 110 462
グラフ8へ 586 691 687 1964
279 266 314 859
9 308 373 398 1079
グラフ9へ 393 405 449 1247
387 306 265 958
調査人数 1069 1082 1110 3261
※無回答者・回答不明者がいるため調査人数と各項目の合計人数は一致していません


○問10の回答(自由記述形式)
 地球環境をきれいにするため必要なことは何ですか?
  (似たような記述については、まとめています。
   また、項目と人数にばらつきが多いため、一覧形式にしています。)  


・ごみを捨てない  決められた場所に捨てる
・ごみを拾う
・ごみを分別する  リサイクルする
・ごみを出さないようにする  少なくする
・ごみの処分方法を考える  ダイオキシンを出さない
・自然環境を守る  木の伐採を少なくする
・川の水を守る  洗剤や油を流さない
・空気をきれいにする  排気ガスを少なくする。
・ものを大切にする  無駄遣いしない
・きれいになるように呼びかけ協力をお願いする。
・自然エネルギー(太陽など)を活用する。

▲アンケートへもどる



○アンケートグラフと考察

質問1


「ア よくなっている」との回答が、4年生より6年生が減少している傾向が見
られます。それと同時に、「ウ 悪くなっている」の割合が学年をおうごとに
増加しています。環境に対する、認識のしかたが、高学年になるほど注視され
る傾向にあります。
また、「エ 知らない」との回答も、高学年になるにつれて減少していること
にも気付きます。

▲アンケートへもどる

質問2

「よく知っている。」「少し知っている」をあわせた答えが、どの学年とも
80%を超えており、水のよごれに注意が向けられていることが分かります。
また、「知らない」との回答も、高学年になるにつれて減少しているという、
よい傾向が見られます。
▲アンケートへもどる

質問3

よく知っている。」「少し知っている」と回答した児童が多いことが分かります。
知っているということと、それをどのように実行していくかは、今後の取り組みに
期待するところでもあります。

一方、「知らない」と回答した児童も相対的に2割を超えており、環境悪化の認識度
合からも経過の推移を見る必要があると思います。

▲アンケートへもどる


質問4

水における環境に限らずに、地球規模での環境破壊問題には、多くの児童に興味が
あることが見て取れます。

 高学年になるにつれて、その認識があることが顕著に現れ、さまざまな情報源から、
環境悪化の情報を受けていることが感じられます。

▲アンケートへもどる


質問5

質問4までの回答と見比べると、明らかに逆転現象がおきています。高学年になるに
つれて、環境が悪くなっていることは認識していますが、水環境に対する興味はない
といった、回答が増加しているのはなぜか、具体的な取り組み・方法など、児童が、
興味を持って水環境に取り組める活動を展開していかなくてはならないと、感じられます。

▲アンケートへもどる

質問6

質問5を幅広く見た形での質問項目ですが、こちらは、興味があると回答している
児童が、学年をおって、増加しているのが見られます。全体的な環境問題は、問題意
識として意識付けされているようです。

 しかし、関心がないという答えも、1/4程度あることにも目を向けることが必要だ
と思われます。

▲アンケートへもどる

質問7

「気をつけていることがある」との回答が、多くを示しており、どのような取り組みを
しているのか、内容についての検証も必要であり、展開していくような場を提供してい
くことも必要だと思われます。

▲アンケートへもどる

質問8

 家族を対象にすると、若干ではあるが、「気をつけていることがある」との回答が、
減少していることに気がつきます。

 環境問題は、家族ぐるみ、地域ぐるみで取り組まなければならないことであり、
今後は、家庭や住民を巻き込み意識改革に取り組まなければならないことを、認識す
ることができます。

▲アンケートへもどる

質問9

地域での活動は、1回以上あるとの回答が多く、高学年になるにつれて、その傾向が
高くなり、何らかの形で貢献するという、回答が得られました。

 今後も、啓発活動を活発化させ、一人ひとりが、実際に環境問題に触れることで、
その悪化の度合いが認識できるようにしていきたいと思います。

▲このページのトップへ
▲14年度との比較表・アンケート考察へ

学校アンケートへ戻る       アンケートトップへ