安達地方広域行政組合
トップページへ 圏域概要 ふるさと市町村圏事業 組合の情報案内 リンク集
消防・防災・救急 ごみ・し尿処理 保健福祉支援 広域公共施設・予約支援 広域災害映像情報提供
ごみ・し尿処理
トップ > ごみ・し尿処理 > 浄化槽の保守点検について

浄化槽の清掃及び保守点検について

 

浄化槽は、浄化槽法によって、法令で定める期間(下記参照)ごとの保守点検及び毎年1回清掃をしなければなりません。(浄化槽法第10条:浄化槽管理者の義務)注1、注2

また、浄化槽管理者は、保守点検又は清掃の記録を作成し3年間保存しなければなりません。(施行規則第5条:保守点検の時期及び記録等)

浄化槽の保守点検は、県登録業者へ委託することができます。

      

浄化槽の清掃は、安達地方広域行政組合の許可業者へ委託することができます。

  • 注1 全ばっき方式にあっては、おおむね6月ごとの清掃(施行規則第7条 清掃の回数の特例)
  • 注2 浄化槽管理者とは、浄化槽の設置者、占有者等で管理行為ができる者を指します。(浄化槽法第7条 設置後の水質検査)



 

*浄化槽の清掃及び保守について

 

みなし浄化槽に関する法律第10条第1項の規定による保守点検の回数は、通常の使用状態において、次の表に掲げる期間毎に1回以上とする。(施行規則 6条:保守点検の回数の特例)


単独処理:みなし浄化槽(し尿のみを処理する浄化槽)
処理方式 浄化槽の種類 期間
全ばっき方式 処理対象人口20人以下の浄化槽 3月
処理対象人口21人以上300人以下の浄化槽 2月
処理対象人口301人以上の浄化槽 1月
分離接触、分離ばっき方式又は単純ばっき方式 処理対象人口20人以下の浄化槽 4月
処理対象人口21人以上300人以下の浄化槽 3月
処理対象人口301人以上の浄化槽 2月
散水ろ床、平面酸化方式又は、地下砂濾過方式 6月

   

浄化槽に関する法律第10条第1項の規定による保守点検の回数は、通常の使用状態において、次の表に掲げる期間毎に1回以上とする。(施行規則 6条:保守点検の回数の特例)


合併処理:浄化槽(し尿と併せて雑排水を処理する浄化槽)
処理方式 浄化槽の種類 期間
分離接触ばっき方式、嫌気ろ床接触方式又は
脱窒素ろ床接触 ばっき方式
処理対象人口20人以下の浄化槽 4月
処理対象人口が21人以上50人以下の浄化槽 3月
活性汚泥方式 1週
回転板接触方式・接触ばっき方式
又は散水ろ床方 式
1 砂濾過装置、活性炭吸着方式又は、
   凝集槽を有する浄化槽
1週
2 スクリーン及び流量調整タンク又は
   流入調整槽を有する浄化槽(1を除く)
2週
3 1及び2に掲げる浄化槽以外の浄化槽 3月



 

*その他わからない事項は、あだたら環境共生センターへお問い合わせ下さい。




▲ごみ・し尿処理トップに戻る


安達地方広域行政組合 [このページに関するご意見・ご要望はこちらまで]
〒964-0912 福島県二本松市上竹2-172 TEL 0243-22-1101